拍手ページはランダムでSS表示となっております。

只今閲覧可能な作品。。。

*応えて(ヒノ弁)
*必要とされるもの(翡彰)

今回は、


―――――――――――――――

【必要とされるもの】


「…よく人は一人じゃ生きられないって言いますよね」

「…そうですかね」

「違うんですか?誰かに必要とされなければ、意味が分からなくは、なりませんか?」

「意味、ねぇ。東宮様のおっしゃっている定義がいまいち掴めませんね。それが本当ならば、私はどうなるんですか。海賊を必要とする人間などいないでしょうし」

「ぼ、僕は、必要だと思います…ぁ、あの、海賊とかじゃなくて翡翠殿が…僕には…/////」

「…ふっ…突然可愛らしいことをおっしゃる」

「…! と、とにかく…僕は、誰かに必要とされなければ、生きる意味を…頑張る意味を失ってしまうんじゃないかと思ってしまって」

「私は逆ですね」

「え…?」

「生きるために必要とされる訳じゃない。必要とされる為に生きるのですよ。例えば…」

「あ…っ」

「こうして私が貴方に口付けを許されているのも、貴方が私を必要としているから。しかし貴方が私を必要としているのは、私が生きているから。
私は貴方に出会うために、必要とされる為に日々を生きているのですよ…?
…そして貴方の可愛らしい蕾を美しく開花させる為にも、ね。」

「…からかわないで、ください…っ翡翠殿!?////;」



――嘘か、誠か…
貴方のお好きなように、確かめてください
私がここに在るのは、貴方に必要とされているからか
貴方に必要とされる為か
愛し愛される者にとっては、意味無き事なのでしょうかね――…


何かご感想やこうして欲しい、なんて事がございましたらお気軽に★



[TOPへ]
[カスタマイズ]

©フォレストページ