□アオイアヤマチ
1ページ/41ページ








カキーン


金属音がなって
青い空に、白いボールが飛んだ。

「いったぞ角田ぁ!!」

(言われなくてもわかってるよ!)

見失わないようにボールをみつめ 眩しい光に眉を寄せながら、俺はボールを追った。

追って追って追って。大きな球場の中。あんな小さなボールだけを睨む。

9回表 2アウト 0対3
高3の夏 最後の県大会

負けていたって、関係なく必死で。

届くか
届かないかじゃなくて

(捕るんだよ!!)

バッと膝を使ってとびついた。舞った砂が目に入る。擦れた肘が痛かった。

「ナイスレフトォー!!」
「!!」

ボロボロになったグラブに、白いボールが入っているのをみたら

「っしゃあ!!」

疲れも痛みも吹っ飛んだ。
たぶんもう二度とあんなに力いっぱいガッツポーズすることはない。







 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ