銀さん夢小説 「傍に居られるだけで・・・」


お願いします・・・。もう少しだけ傍に居させてください・・・。
貴方の隣を歩けなくても良いんです。後ろから見えるこの距離.。それが今の私と貴方の距離。

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ