存在=生と死

主人公リヴァは“死にたがり”で自分を極限におきたがる。自殺ができない足枷があるために…。彼は自分を嫌い、他人にも心を開かない。
そんなリヴァは端から見たらクールにうつった。本当の自分、嘘の自分。そのギャップに苦しむが…

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ