短編小説

□ニセモノノセカイ
1ページ/1ページ

この世界は本物なのかな。

もしかしたらニセモノなのかもしれない。

もしニセモノなら、僕はそんなニセモノの世界を信じていいの?

友達もニセモノ。

家もニセモノ。

物も、人も、ニセモノだったらどうすればいいの?

信じるものもなく生きていくの?

生きていく意味もニセモノなのかな。

すべてがニセモノ。

そんな世界で生きていけるのかな。

いや、もしかしたら自分もニセモノなのかもしれない。

この手、この足、この声。

全部ニセモノなのかもね。

でも一つだけニセモノじゃないものがある。

それはキミの笑顔。

僕が知っているキミの笑顔はニセモノなんかじゃないはずだ。

キミの存在、キミの笑顔。

それはすべて本物。

僕が信じられるもの、それはキミのこと。


「ねぇ、シグ。どうしたの?さっきからいつも以上にボーとしちゃって。」

「えっ、ううん。なんでもないよー。」

キミがいきなり顔をのぞかしてきたから、僕はちょっと驚いた。

ねぇ、キミはニセモノなんかじゃないよね。

もしニセモノだったとしても、僕は本物だと言い続けるよ。

だから絶対に消えないで。いなくならないで。

キミがいなくなったら僕が生きている意味がなくなるから。

信じるものがなくなるから。

























あとがき

またまた意味が分かりません。
ってか新年早々わけの分からない小説書いてます。
元ネタというかこの小説の元は、私の妹の一言です。

「ねぇ、この世界って、本物だよね?」

と言う言葉で思いつきましたww
でも短すぎますね・・・。
もうちょい頑張らないとなぁ〜。
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ