短編小説

□みんなに質問
1ページ/1ページ

管理人のakieです。今回はぷよフィキャラに
来ていただいて、いろいろお話を聞きたいと思います。では始めましょーう。

全員「・・・・・・・」

あっ、すみません。何を話してもらうか言ってません
でした。

アミ「じゃぁ早く決めてよ。」

ラフィ「そうですわ。早く決めて下さいな。」

え〜とじゃあ・・・

シグ「・・・まだ?」

ちょ、ちょっと待って下さいよ〜。今考えてますから。

リデ「こんな感じでやってるから、誰も小説見て
   くれないんですよ。」

クル「そうだね。管理人がダメだからいけないん
   だよ。」

いやそれ関係ないでしょ。

フェ「だったら早く決めなさい。早くしないと、
   このサイトに誰も人が来てくれないようになる
   おまじないかけるわよ。」

( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!それだけはやめて!!
ハイハイ決めましたよ。お題は、ぷよぷよの対戦で、
心に残っているぷよ勝負です!!

レム「ぷよぷよの対戦がはじめての人に、フィーバー
   ルールとか一切おしえないで、無理やりやらせ
   ていたことだね。」

アコ先「Wi-Fi対戦で初心者の人に手加減なしで、
    本気で勝負して、勝ってバカみたいに喜んで
    いたことですね。」

バル「ハフハフ、ッガーウ、バウバウ!」
  (10連鎖したけど、相手に13連鎖されてボコ
   ボコにされたこと)

へ〜、皆さんそんなぷよ勝負が心に残っていたの
ですね。・・・・って、全部私のことじゃありません
か!!

おに「オオーン、ンオンオーン。」
  (そう言われても、アンタのことしか知らない
   から、仕方ないじゃん)

あっ、そうでしたか・・・って皆さんCOMでしょ!!
私と相手したときのこととかあるじゃないですか!!

全員「激弱だった。」

はいはいそうでした。私は激弱です・・・(泣

シグ「もういいの?ならみんな帰ろう。」

アミ「そうだね。管理人は役に立たないし、もう
   いっか。」

ラフィ「それじゃあ皆さん帰りましょうか。」

全員「帰ろう、帰ろう。」
 
   ―ガヤガヤ、バタバタ・・・・・―






こんな管理人ですが本当によろしくお願いします!!









あとがき

心に残っていることでのことは、すべて本当です。
それとこの小説で、出てきてないぷよフィキャラ
分かりますか??ちなみに「ぷよぷよ!」で出てきている
キャラの中ですよ。
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ