短編小説

□お菓子とアタシ
1ページ/1ページ

「先輩は好きな人とお菓子、どちらが『大切』なんですか?」



レムレスは悩んでいた。
いきなりどっちが『大切』なのか聞かれると、
案外悩むものだ。
「どっちと言われてもなぁ〜」
もちろん甘いお菓子は大好きだ。
それに好きな人も、もちろん大好きだ。
でも、どちらが『大切』なのか聞かれると、
なかなか決められない。
フェーリはまた近いうちにおしえてくれればいいと言っていた。
だが待たせるわけにもいけない。
そう思って何とか考えている。
「でもなんで、フェーリはそんなコト聞くのかなぁ」
僕のコトなんか関係ないのに・・・そう思っていた。
「逆に言えば、なくなってはいけないのはどっちかってコトだよね?」
レムレスは自分に聞いてみる。
そう考えると、どっちが『大切』なのかが見えてきた。






「フェーリ!どっちが『大切』かがやっと分かったよ」
「先輩!!本当ですか?」
「もちろんだよ、フェーリ。だからちょっと目を閉じていてくれないかな?」
「えっ、でもどうして・・・」
「ちゃんとおしえてあげるから」
レムレスはフェーリが目を閉じたのを確認した。
フェーリはしっかりと閉じている。
「ならおしえるよ」
「あっ、は、ハイ!!」
レムレスはフェーリの髪をそっとなでた。
「僕が『大切』に思っているものは、キミのコトだよ」
「・・・えっ!」
フェーリはハッとして目を開けた。だがレムレスの姿はなかった。
「せ・・ん・・・ぱい・・!!」









僕の『大切』なもの。それは他でもないキミのコト。

















あとがき

見たまんまレムフェリです。
レムレスが本当にフェーリのコトを大切に
思っているかは知りません(爆
結局選択し無視していますね・・・。
感想でもあったら拍手へどうぞ!!

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ