短編小説

□クリスマスプレゼント
1ページ/1ページ

今日は待ちに待った(?)クリスマス。

プリンプはイルミネーションやツリーなどで、

とっても賑やかだった・・・。
  

      〜アミティ〜

「本当にサンタさんって来るのかなぁ〜」
アミティは窓を見つめていた。
「あくまさんはココには来ないって言ってたけど、
 アコール先生は絶対に来るって言ってたしなぁ〜。
 ・・・っあ!!!」
空から小さな雪が降ってきた。
「わぁ、キレイ!!外へ行ってみよっと。」
アミティは外へ飛び出していった。


      〜ラフィーナ〜

「ううっ、寒いですわ。」
ラフィーナは手袋、マフラー、コートの3拍子
をそろえていたが、この寒さには勝てなかった。
「やっぱりカイロ30枚持ってくるべきでしたわね。」
ちょっと、いや、かなりカイロ多いだろ!!・・・というのはスルーね(笑
「あら、やけに寒いと思ったら、こんなにも
 降ってたなんて・・・」
ラフィーナは大きなクリスマスツリーの前で、
立ち止まった。


     〜シグ〜

「うへ〜、寒い」
いろんな意味でばたんきゅ〜なシグは、
手をこすりながら歩いていた。
「う〜ん、今頃アミティは何してるんだろう。」
シグはだんだん寂しくなってきた。いつも
一緒にいると、1日会わないだけでもこんなに
寂しいなんて、思ってもいなかったからだ。
「うん?」
空を不意に見上げると、小さな雪が降っていた。


     〜クルーク〜

「はぁ、こんな時間まで図書館にいたなんて、
 まるで僕がコドモみたいじゃないか。」
まぁ実際コドモじゃないかと思うでしょうが、
そこはスルー。(えっ!!
「まさか雪がこんなにも降ってくるまでなんて、
 今日はツイてないなぁ」
一人でブツブツ言いながら、家へと向かっていった。


     〜シグ&アミティ〜

シグは大きなクリスマスツリーの前を通って
いこうとした。そのとき、
「///あっ!!シグ!!」
聞き覚えのある声がした。
「あっ、アミティ〜」
シグの顔がパッと明るくなった。
「どうしてココに???」
「///えっ、ゆ、雪が降ってたから。」
アミティとシグはとても嬉しかった。
まさかこんな所で会えるなんて思ってもいなかった
からだ。
「雪、キレイだね」
「うん、とーーってもきれい」
二人は大きなクリスマスツリーの前で手をつないで
空を見ていた。


     〜クルーク&ラフィーナ〜

「ううっ、ホント寒いですわ」
「うーん、今何時だろう・・・」
「「あっ!!!!!」
クルークとラフィーナは指を指しあった。
「なんであなたがココにいるんですの!!!」
「こっちこそ!!なんでキミなんかがいるんだい。」
「私はちょっと散歩していただけですわ。」
「僕こそちょっと図書館へ行ってただけさ。」
二人は大きなクリスマスツリーの前で、言い合った。
いつものケンカとは違い雪のせいか、
とても二人は楽しそうだった。


サンタからのプレゼント。それは小さな出会いと、
雪だった。







あとがき

長いっっ!!!そしてとことん意味不明!!!
え〜と二つのカップル(?)は、クリスマスツリーの
前と後ろにいるんです。だからお互いいるのは
知りません。あっ、あとこれフリー小説にします。
07/12/24〜08/1/7までお持ち帰りOKです。
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ