GB(短編)

□暇だからって目の前にあるものを切り刻んではいけません
1ページ/1ページ

もとはといえばあなたにあえないから。


あまりに長くほっとくから。







目の前にあった大事なものを切り刻んでしまった。





「いいかげんこちらを向いてもらえませんか?」


背中を向けたまま首を横にふる。


「怒っているのですか?」


またもや横にふる。


「どうしたんです?」



痺れを切らした赤屍に腰を抱き寄せられる。











「前髪を・・・切りすぎました。」




どんなに暇でも目の前の大事なものを切り刻んではいけません。


「クス・・・かわいいですよ?」

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ