影朧のゆりかご
眠れ
眠れ
母の手で

子守唄が聞こえる
あやしてるのは誰?

不可視の乳母に誘われ
置き去りにされた子供が呼ぶ

傍にいるのに触れられない

ねえ気がついて

ここにいるよ


忘れられた民の
影朧のゆりかご




今宵7185番目の蜃気楼が揺めく…

ご来訪ありがとうございます。
初めての方はまず立て札を読んでください。

立て札

見取り図

揺籠の管理者

驟雨の中の狼の啼き声

陽だまりで遊ぶ妖精の舞い

薄れゆく日常の記憶

あなたと過ごす日々

泉に映る景色

迷い込んだ誰かの足跡

月と桜と、今宵踊るは幻の破片
メルモ時代のバックナンバー

夢から醒めてつながる道


伝書鳩

願わくば
いつかまたあなたと出会えることを

誰の目にも触れなくなって
記憶の中にさえいられなくても
二度とあなたに気付かれることがなくても

そこにいたことは
偽りじゃないから

一瞬にして永遠、悠久の刹那
移ろい消える
流浪の夢



+幻想ノ躯+
+不完全な天使+


ブックマーク|教える
最終更新日 2017/03/15




©フォレストページ